タバコはインプラントにも悪影響

喫煙によって、インプラント治療が影響をうける可能性はとっても大きいというべきでしょう。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査が出来ないといった口コミがあったかもしれません。それは違います。磁気を当てて画像をつくるのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療をうけるということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。一生使える第二の歯をもとめて、決してあきらめてはいけません。全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。いろいろな事情からインプラント治療を初めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

インプラント治療

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。インプラントの特質として、きちんと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ